【キーワード編】2020秋冬 メンズクラシックファッションのトレンドを徹底解説!!

アウター

 

このブログをお読みの方は

 

お悩み
  • 2020秋冬のトレンドキーワードが知りたい
  • 2020秋冬のメンズクラシックファッションのトレンドキーワードが知りたい

 

など、2020秋冬のトレンドキーワードについて知りたい方かと思います。

 

そんな方々のために

 

BEAMSのクリエイティブディレクターである中村さんやナノユニバースのバイヤーティアモさんが

 

発信している情報をまとめ

 

更に、一会社員である私の会社員目線の意見も踏まえつつ

 

2020年秋冬のトレンドキーワードについて、徹底解説したいと思います。

 

このキーワードを抑えておくことで

 

今年っぽくて今らしいコーディネートが出来るようになり、買い物で失敗する確率もグッと低くなると思います。

 

因みに、今回参考にさせて頂いた情報は、こちらのYouTubeの内容になります。

 

こちら二つのYouTubeの内容の要点をまとめ、私なりの意見を加えてた記事になりますので

 

【キーワード】BEAMS 中村達也のトレンド解説 2020-21 AW

 

【ピッティから?!】どーなるの?今年の秋冬服事情!ティアモのトレンド大予想(2020 秋冬編)|ティアモ・ラ・モーダ No.155【ナノ・ユニバース】

 

  • YouTube一回見たけど復習したい
  • 内容の要点だけ知りたい
  • 内容を忘れたときにふと見返したい

 

など、様々な用途に使っていただけたら幸いです。

 

スポンサーリンク

2020秋冬のトレンドキーワードは?

 

2020秋冬のトレンドキーワードは

 

2020秋冬のトレンドキーワード
  • コーデュロイ
  • フーデットアウター
  • ボーダー

 

の3つが、 2020秋冬のトレンドキーワードとなっております。

 

コーデュロイ

 

コーデュロイは、数年前から引き続きの傾向です。

 

パンツ・シャツ・ジャケットなど様々なアイテムに用いられいます。

 

出典: https://www.beams.co.jp/item/beamsf/shirt/21112712495/

 

また、畝については、中畝~太畝が多く提案されいます。

 

出典: https://www.beams.co.jp/item/beamsf/pants/21230839977/?color=01

 

細畝もありますが、明らかにコーデュロイと分かるようなものが秋冬らしいです。

 

 

フーデットアウター

 

フードが付いたアウターが増えているのが秋冬の傾向です。

 

出典: https://www.beams.co.jp/item/beamsf/blouson/21180383557/

 

また、アウターのインナーとして、フードを出して着る様な着こなしが、各ブランドから多く提案されています。

 

 

アイテムによっては、少し子供っぽく見えてしまうような気がします。

 

着用するのであれば、ニットパーカーのような、上質で大人な品のあるパーカーをチョイスすると良いと思います。

 

私は、背も低く童顔なので、このコーディネートはしないと思います。

 

 

ボーダー

 

春夏に引き続き、ボーダーがトレンドの柄となっております。

 

特に、カラー×ブラックのボーダーは、非常に秋冬らしいアイテムです。

 

出典: https://www.beams.co.jp/item/beamsf/tops/21150591353/

 

フレンチアイビーの流れもあり、ボーダー熱が加速している気がします。

 

これからボーダーに挑戦したいという方は、無印良品のボーダーTをおすすめします。

 

無印良品のボーダーTは、非常にベーシックで、価格も安いので、お試しで購入するには、最適なブランドとなっております。

 

もちろん、フレンチカジュアルの定番「セントジェームス」のボーダーTもおすすめです。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回は、2020秋冬のトレンドキーワードについてご説明致しました。

 

今回お伝えしたキーワードを覚えておくことで

 

今年っぽくて今らしいコーディネートが出来るようになり、買い物での失敗も減らすことが出来ると思います。

 

是非、コーディネートの参考にして頂き、一緒にクラシックファッションを楽しみましょう!

 

日々の着こなしや商品を購入する際の参考にしてみて下さい。

 

 

日々のコーディネートも載せているので、インスタのフォローもよろしくお願い致します。

 

 

それではまた。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました