初心者でもできる!ライダースの簡単手入れ方法

レザー

 

こんにちは。

 

今回は、 初心者でもできる簡単なライダースの手入れ方法をご紹介致します。

 

このブログをお読みの方は

ライダースの手入れ方法が分からない

初めて手入れするけど、素人でもできるのだろうか

 とお悩みの方かと思います。

 

そんなお悩みを解決するため、ライダース初心者の私でも出来た、

誰でも簡単にできるお手入れ方法をご紹介致します。

 

スポンサーリンク

必要な道具

 

まず、用意する道具は以下となります。

 

  • 洋服ブラシ
  • 馬毛ブラシ
  • リムーバー
  • クリーム
  • ネル生地

 

f:id:momota_italy:20200215111917j:image

 

手入れ方法

 

手入れ方法は5つのステップに分かれていおります。

 

  1. 洋服ブラシでブラッシングをする
  2. リムーバーで表面の汚れを落とす
  3. クリームを表面に塗り、革に栄養およびツヤを与える
  4. ネル生地で革の表面を磨く
  5. 馬毛ブラシでブラッシングをする

 

要するに、汚れを落として、革に栄養を与えて、最後に磨けばいいということです。 

 

非常にシンプルですね。

 

それでは、画像と共に詳しい手入れ方法についてご説明いたします。

 

①洋服ブラシでブラッシングをする

 

洋服ブラシを用いてホコリや汚れを落としていきます。

 

ブラシはもちろん平野ブラシです。

 

洋服ブラシならこれ!高コスパでおすすめのブラシの平野
洋服ブラシでお悩みの方に、コストパフォーマンスが高く、非常に使いやすい洋服ブラシをご紹介致します。カシミヤなど繊維な繊維にも使用できるため、どんな洋服にも気にせず使って頂くことができます。

 

固い毛のブラシだとライダースを傷つけてしまう可能性があるので注意してください。

 

手のスナップを効かせて、 ホコリを払い落とすような感じでブラッシングします。

 

②リムーバーで表面の汚れを落とす

 

リムーバーを用いてブラッシングでは落とせなかったホコリ、チリ、余分な油分などを綺麗にします。

 

リムーバーはネル生地に付けて、革全体を擦りましょう。

 

汚れている上からクリームを塗っても綺麗なツヤが出ないので、ここは丁寧に行ったほうがいいかと思います。

 

革靴と違って面積が大きので、 大変かと思いますが頑張りましょう。笑

 

③クリームを表面に塗り、革に栄養およびツヤを与える

 

革にクリームを塗っていきます。

 

私が今回使用したクリームは

 

コロニル1909 シュプリームクリームデラックスです。

 

このクリーム革製品全般に使えるので、

 

鞄やグローブなどにも使えるので非常におすすめです。

 

大量に塗りすぎるとシミになる可能性もあるので、 塗りすぎは注意してください。

 

私は、1度にこのくらいの量を取って、塗っていきました。

 

f:id:momota_italy:20200215112011j:image

 

全体にムラなく塗っていきます。

 

④ネル生地で革の表面を磨く

 

ネル生地を手に巻いて、革の表面を磨いていきます。

 

余分なクリームを取るとともに、 磨いてツヤを出していくイメージです。

 

⑤馬毛ブラシでブラッシングをする

 

最後に、馬毛ブラシでブラッシングを行い、 クリームを革になじませたら完成です。

 

大体は、靴磨きと同じような工程ですね。

 

磨く前と磨いた後を比べてみましょう。

 

磨く前

f:id:momota_italy:20200215112107j:image
f:id:momota_italy:20200215112104j:image

磨いた後

f:id:momota_italy:20200215112130j:image
f:id:momota_italy:20200215112126j:image

写真で見てもあまり分かりませんね。笑

 

生で見ると、細かい傷が消えてたり、 全体的にツヤが出ていたりと少しは美品に近づいたかなという感じ です。笑

 

いかがでしたでしょうか。

 

個人的には靴磨きよりも簡単だったので、 本当に道具さえあればだれでもできると思います。

 

現に私もライダースの手入れは初めてやりました。

 

革も人間の肌同様、 乾燥していくのできちんと油分を補給してあげることでより長く付き合っていけると思います。

 

手入れの頻度は、

シーズン終わりやシーズンの初めなど区切りのときにやってあげればいいかと思います。 

 

参考にしていただければ幸いです。

 

それではまた。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました