クールビズ/ビジネスカジュアルの定番!!上品で大人なポロシャツのおすすめ人気ブランドまとめ

トップス

 

このブログをお読みの方は

 

お悩み
  • おすすめのポロシャツが知りたい
  • ポロシャツでおすすめのブランドはなんだろう
  • クールビズやビジネスカジュアルで使えるポロシャツが欲しいけどどれを買えばいいか分からない
  • 上品で大人なポロシャツが欲しい

 

など、おすすめのポロシャツや人気のブランドついて知りたい方かと思います。

 

そんなお悩みを解決するため

 

ポロシャツのおすすめ人気をブランドをまとめたみました。

 

王道のブランドから日本のブランドまで様々なブランドのポロシャツをご紹介いたします。

 

最高級な物から機能性が高い物まで、大人が仕事で着て行っても恥ずかしくない、上品なポロシャツ達をご覧ください。

 

スポンサーリンク

おすすめのポロシャツブランドご紹介

 

私がご紹介するブランドは

 

 

の10ブランドです。

 

それでは、この10ブランドを詳しくご紹介致します。

 

JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)

 

出典: JOHN SMEDLEY

 

JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)は、1784年に設立したイギリスのニットブランド。
上品で大人なポロシャツと言えば、まずこのブランドが最初に思い浮かぶかと思います。
200年以上経つ歴史的な老舗のニットブランドで、生地には最高級のニュージーランドメリノウールとシーアイランドコットンを使用しております。
また、30ゲージという超軽量な編み目の細かいニットを生産し、かつボディーと袖のつなぎ目は、職人が手作業で縫い合わせているため、着心地がとても良く、一日中快適に着ることが出来ます。
英国王室や世界中のセレブ御用達の最高級なポロシャツで、オン/オフ共に活躍できるので、とりあえず一着は持っておきたいポロシャツです。

 

 

FEDELI(フェデーリ)

 

出典: FEDELI

 

FEDELI(フェデーリ) は、1934年に誕生したイタリアのブランド。
MADE IN ITALYを世界に広めた先駆的ニットブランド。
FEDELI(フェデーリ)の特徴は、何と言っても素材の良さです。
世界中から選び抜かれた最高級の素材(GIZAコットン/スーピマコットンなど)を使用しておりいるため、熱い夏でもふんわりとサラッとした最高の肌触りを実現しています。
製法も熟練の職人さん達の手作業を中心としており、素材、製法共にヨーロッパ全体で高い評価を受けており、素材/製法共に最高と言えるブランドです。
JOHN SMEDLEY以外で高級なポロシャツを探している方におすすめです。

 

 

Cruciani(クルチアーニ)

 

出典: Cruciani

 

Cruciani(クルチアーニ)は、1966年に誕生したイラストのブランド。
動物から採取した原毛を糸に変える紡績から縫製まで、実際の製品が出来上がるまでの工程を全て自社で行っているため、コストパフォーマンスに非常に優れているのが特徴です。
シルエットはタイトフィットが基本となっており、アームホールが小さめに設計されていることで、サルトリアでオーダーしたのジャケットのように軽く肌に吸い付いてくるような着心地です。
ニットの最高峰とも呼ばれおり、軽装になりがちな夏でも上品で大人な雰囲気を演出してくれます。

 

 

ZANONE(ザノーネ)

 

出典: ZANONE

 

ZANONE(ザノーネ)は、1987年にイタリアで誕生したニットブランド。
ZANONE(ザノーネ)でおすすめしたいのが、アイスコットンポロ。
ZANONE独自の「アイスコットン」という、強撚糸で作った生地は、吸湿性/速乾性/通気性が良くシャリ感があり、日本の夏でも快適に過ごすことができ、機能性抜群です。
また、見た目はコットンを使用しているにも拘わらず、、生地を強く撚ることで、シルクのような光沢感あり、機能性と上品さを兼ね備えた最強のポロシャツです。

 

 

Letroyes(ルトロワ)

 

出典: Letroyes

 

Letroyes(ルトロワ)は、2009年フランスで誕生したブランド。
Letroyes(ルトロワ)の最大の特徴は、ストレスフリーな着心地です。
「MAILLE(マイユ)」と呼ばれる昔ながらの丸胴編み機を用いることで、サイドの縫い目がないシームレスで、テンションをかけずゆっくり編まれているので、タイトなフィッティングながら、伸縮性が非常に高く、ノンストレスな着心地を実現しております。。
かつ、メイドインフランスにも拘わらず、1万円代で購入できるので、コストパフォーマンスも非常に高いです。
フランス仕込みの上品さと、どこか懐かしさ漂うレトロシック感があり、クールビズでもお洒落をしたい方におすすめです。

 

 

GUY ROVER(ギローバー)

 

出典: GUY ROVER

 

GUY ROVER(ギローバー)は、1973年北イタリアで誕生したブランド。
独自の縫製によるマシンメイドが特徴で幅広い種類のシャツを展開しているのが特徴です。
品質の高さに定評があり、有名ブランドや日本ブランドのシャツもOEMしているそうです。
シャツブランドのポロシャツということあり、その特徴は襟周りにあります。
GUY ROVER(ギローバー)の襟には、シャツと同様台襟がついており、ジャケットを着た時やボタンを開けた際に、襟元に綺麗なロールを生み出します。
襟元がワイシャツの雰囲気に近いので、クールビズでもカチッとした印象を持たせたい方におすすめです。

 

 

LACOSTE(ラコステ)

 

出典: LACOSTE

 

LACOSTE(ラコステ)は、1993年ルネ・ラコステによりフランスで誕生したブランド。
ポロシャツ=ラコステと言っても過言ではないくらい有名なブランドかと思います。
テニスウェアとして誕生しましたが、フランスらしいエレガンスさや発色のいいカラーバリエーションで、今では普段着としても愛されています。
ポロシャツの「永遠の定番」として君臨する王道な一着です。

 

 

Gran Sasso(グランサッソ)

 

出典: Gran Sasso

 

Gran Sasso(グランサッソ)は、1952年イタリアで誕生したブランド。
「品質が商品を語る」をモットーに、全ての工程をイタリア国内で一元管理できる体制を整え、独自の染開発も行うなど品質に強いこだわりをもっている。
ニットの着心地を左右するパーツのつなぎ目は、熟練した職人さんの技と最新の機械設備を駆使するなど、最新技術と伝統的な製法を効率良く融合させた独自の製法を用いています。
デザインにロゴや装飾などは施しておらず、兎に角、品質の良さで勝負している一着です。

 

 

Drumohr(ドルモア)

 

出典: Drumohr

 

Drumohr(ドルモア)は、1773年スコットランドで誕生したブランド。
2001年、イタリアの老舗ニット会社Cioccaグループが「ドルモア」ブランドを買い取りました。
ブランドの歴史は200年以上と非常に古く、世界初のシームレスニットを開発するなど、その技術/品質は、英国のロイヤルファミリーをも虜にするほどでした。
古き良き伝統/品質/製法はそのままに、最新のディテールを取り入れたハイブリッドなポロシャツです

 

 

beams f(ビームスエフ)

 

出典: beams f

 

BEAMS F(ビームスエフ)は、BEAMSのオリジナルブランド。
オリジナルブランドなので、コストパフォーマンスが高いこともさることながら、襟の開きやシルエットも美しい一着。
オリジナルブランドながら、イタリア製であったり、日本人の体型やその時代に合うよう年々アップデートされていたりと、BEAMSのこだわりが詰まった、品質の高い一着です。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

クールビズ/ビジネスカジュアルの定番【ポロシャツ】

 

王道のブランドから日本のブランドまで、様々なポロシャツをご紹介いたしました。

 

クールビズはもちろん、休日にも着て頂けるアイテムなので、汎用性も非常に高いアイテムです。

 

日本の夏のビジネスシーンには、欠かせないアイテムになってきていると思いますので、まだお持ちでない方は、是非参考にしてみてください。

 

日々のコーディネートも載せているので、インスタのフォローもよろしくお願い致します。

 

 

それではまた

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました