永遠の定番!メンズローファーのおすすめ人気ブランドまとめ

 

このブログをお読みの方は

 

お悩み
  • おすすめのローファーが知りたい
  • ローファーでおすすめのブランドはなんだろう
  • ローファーが欲しいけどどれを買えばいいか分からない

 

など、おすすめのローファーや人気のブランドついて知りたい方かと思います。

 

そんなお悩みを解決するため

 

ローファーのおすすめ人気をブランドをまとめたみました。

 

王道のブランドから意外なブランドまで様々なブランドのローファーをご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

おすすめブランドのご紹介

 

私がご紹介するブランドは

 

 

の9ブランドです。

 

それでは、この9ブランドを詳しくご紹介致します。

 

Alden(オールデン)

 

 

Alden(オールデン)は、1884年に誕生したアメリカのシューズブランド。
ローファーと言えばAldenを思い浮かべる人も多いかと思います。
タッセルローファーの元祖と言われるAlden。
細身のラストを使用しており、スッキリとしたシルエットは、スリッポンでありながら、ドレススタイルからカジュアルスタイルまで幅広く使えます。
革のダイヤモンドと言われるコードバンを使用したタッセルローファーは、男なら一足は所有しておきたい一足です。
もちろんトラディショナルなペニーローファーもおすすめです。

 

 

オールデン Alden 987 (BLACK)
LOCOMALL(ロコンド公式ストア)
¥ 166,617(2020/12/25 11:20時点)

 

Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)

 

 

Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)は、1879年イギリスで誕生したシューズブランド。
英国靴の中でも、非常に有名なブランドかと思います。
イギリスの伝統的な製法はそのままに、高品質の靴を作り続けているブランドです。
CAVENDISH3(キャベンディッシュ3)は、日本人の足型を考慮して、踵廻りやアーチ部分のサイズを従来より狭めた 新開発のラスト「375」を採用しており、ホールド感が非常に高い一足です。
スリッポンなのにクラシック感の漂う、イギリス靴のカッコよさが詰まった一足です。

 

 

GUCCI(グッチ)

 

 

GUCCI(グッチ)は、1921年フィレンツェで誕生したブランド。
誰もが一度は、名前を聞いたことがあるハイブランドかと思います。
GUCCI(グッチ)で紹介したいのは、やはり、ビットローファーですね。
ホースビットと言われる金具がついており、もともと馬具メーカーと誕生したGUCCIならではの一足です。
GUCCIの洗練されたシルエットやホースビットが付くことで、他のローファーにはないエレガントさが漂う一足です。

 

 

Enzo Bonafe(エンツォボナフェ)

 

 

Enzo Bonafe(エンツォボナフェ)は、1963年イタリアで誕生したブランド。
小規模な靴工房ながらクオリティに強いこだわりがあり、あのローマ法王も愛し、イタリア国家からお墨付きが付くほどのクオリティです。
Enzo Bonafeのビットローファーは、GUCCIとはまた異なり、エレガントさはありつつも、ホースビットにボリューム感があり、男らしさのある一足です。
上質なカーフは、履きこみ、ケアを施すほどに新品時の艶感とはまた違った艶が生まれます。

 

J.M WESTON(ジェーエムウエストン)

 

 

J.M WESTON(ジェーエムウエストン)は、1891年にフランスで誕生したブランド。
最高の素材と技術で時代を超えた魅力ある靴をつくるフランスの有名なブランドです。
J.M WESTONといえば、「180 シグニチャーローファー」です。
ラストと製法は、誕生から70年以上が経った現在のモデルでも変わらず、フレンチトラッドの定番として今も世界中で愛される一足です。

 

 

JALAN SRIWIJAYA(ジャラン スリウァヤ)

 

 

JALAN SRIWIJAYA(ジャラン スリウァヤ)は、2003年にインドネシアで誕生したブランド。
職人たちの手作業によって、世界屈指のクオリティを誇ります。その高品質な革靴をありえない価格で販売していることから、コストパフォーマンスが非常に高いことで有名です。
アウトソールの縫いつけ以外を手作業で行う、九分仕立ての「ハンドソーン・グッドイヤーウェルテッド製法」で作られております。
コインローファーだけでなく、タッセルローファーやビットローファーなど種類が多いのも魅力的です。

 

 

 

Berwick(バーウィック)

 

 

Berwick(バーウィック)は、1991年にスペインで誕生したブランド。
近年、スペイン靴は注目されているますが、このブランドもその一つ。
職人技術とテクノロジーを組み合わせた高効率な生産ラインや自社製品を用いることで、グッドイヤーウェルト製法の靴が2万円台で変えてしまいます。
アッパー素材には、強い光沢と透明感が特徴の「ROIS」レザーを採用し、簡単なメンテナンスで初期の輝きを取り戻す、使い勝手の良さも兼ね備えた一足です。

 

 

POLPETTA(ポルペッタ)

 

出典: https://item.rakuten.co.jp/laglagmarket/10013941/

 

POLPETTA(ポルペッタ)は、2013年に日本で誕生したブランド。
ポルペッタとは、イタリア語でお団子を意味するそうです。
POLPETTAでは、あまり見ないエプロンフロントのローファーをご紹介します。
装飾がなく非常にシンプルで、スリッポンではありますが、スーツやジャケパンなどのドレススタイルをよりエレガントに演出してくれます。

 

 

42ND ROYAL HIGHLAND(42ND ロイヤルハイランド)

 

 

42ND ROYAL HIGHLAND(42ND ロイヤルハイランド)は、1984年に誕生した日本のブランド。
日本人の足型を研究してラスト(足型)を製造しているため、日本人に合ったシューズを展開しております。
また、コストパフォーマンスが高いことでも有名です。
アッパーには、世界最高峰のタンナーのひとつであるフランス アノネイ社製を使用し、グッドイヤーウェルテッド製法を用い、足当たりの柔らかい一足です。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

永遠の定番アイテム【ローファー】

 

王道のブランドから意外なブランドまで、様々なローファーをご紹介いたしました。

 

1足持っていれば、ドレススタイルからカジュアルスタイルまで幅広く使えるアイテムです。

 

洋服好きには欠かせないアイテムだと思いますので、まだお持ちでない方は、是非参考にしてみてください。

 

日々のコーディネートも載せているので、インスタのフォローもよろしくお願い致します。

 

 

それではまた。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました