激安なのに圧倒的存在感!カラーピンがおすすめなワケ

スーツ

 

今回のブログはタイトル通り、カラーピンについてお話しいたします。

 

クラシック回帰の流れで様々な襟型が最注目されるに伴い、カラーピンにも注目が集まっています。

 

このブログをお読みの方は

カラーピンってそもそも何なの?

おすすめのカラーピンが知りたい

とお悩みの方かと思います。

 

そんなお悩みをお持ちの方に

カラーピンについてのご説明とおすすめのカラーピンをご紹介致します。

 

スポンサーリンク

カラーピンとは?

 

そもそもカラーピンとは何かといいますと。

 

昔は、ネクタイの生地がしっかりしていなかったり、芯が使用されていなかったりしたため

重力に負けてしまいネクタイが緩んだりディンプルがすぐ崩れたりしてしまったそうです。

 

その対策として、カラーピンでネクタイの根元を持ち上げ支えることで、緩みやディンプルの崩れをを防止したそうです。

 

初めて見たときはただの装飾品かと思ってたので、ちゃんと役割がありました。笑

 

現在のネクタイは作りがしっかりしているので、装飾品として使われることがほとんどかと思います。

 

カラーピンの役割が分かったところで、おすすめポイントを3つご紹介致します。

 

カラーピンのおすすめポイント

 

カラーピンのおすすめポイントは3つあります。

 

  • Vゾーンが華やかになる
  • 汎用性が高い
  • 価格

 

それでは、それぞれのおすすめポイントについて、具体的にご説明いたします。

 

Vゾーンが華やかになる

 

これは、見れば一目瞭然と言った感じでしょうか。

 

カラーピンがあるのとないとでは、Vゾーンの印象がだいぶ変わってきます。

 

カラーピンがあるだけで、非常に華やかで上品なVゾーンを演出できるので、結婚式パーティー気合を入れたい時などに非常に役に立つアイテムかと思います。

 

ネクタイピンをしている人は多いと思いますが、カラーピンをしている人は少ないと思うので差別化も図れると思います。

 

汎用性が高い

 

新しいワイシャツやネクタイを購入しても、連続では着用できないですし

 

アイテムの組み合わせによって合う合わないが存在するので、何にでも合わせられるワケではありません。

 

ですが、カラーピンは新しい物を購入する必要はなく

今持っている全てのワイシャツ、ネクタイ、ジャケットに着用することができ

 

かつ、連続して着用することが可能です。

 

しかも、手持ちのアイテムに少し飽きてしまっても、カラーピンを着用するだけで印象がガラッと変わるので、新鮮な印象を与えてくれます。

 

カラーピンなし

f:id:momota_italy:20191017110610j:image

カラーピンあり

f:id:momota_italy:20191016190504j:image

 

色合わせも気にせず何にでも合ってしまうのもポイントが高いです 。

 

ただし、ワイドカラー系のシャツは襟が遠く短いため、着用できないので注意が必要です。

 

これだけ汎用性が高いアイテムは、なかなか無いかと思います。

 

安い

 

一見、あの小さいカラーピンといえど結構いい値段がするんじゃないかと思っていましたが

 

調べてみると意外にもBEAMSさんで高くて3千円くらいでした 。

 

個人的には、1万くらいするかと思っていたのでだいぶ安く感じました。

 

3千円で今までのワイシャツやネクタイに使えて、華やかなVゾーンが演出できるのであれば買わない手はありません。笑

 

非常にコスパがいいアイテムと言えます。

 

おすすめのカラーピン

  

数あるカラーピンの中で私がおすすめするカラーピンは

 

Elizabeth Parkerのカラーピンです。

 

 

カラーピンには、このような真っ直ぐに近いデザインのやつもあるかと思いますが

 

  

私は断然、先が安全ピンのように丸くなっているのをおすすめします。

 

先が丸くなっている方が、よりVゾーンを華やかにしてくれるからです。

 

因みに、色も同様の理由からゴールドをおすすめいたします。

 

Elizabeth Parkerのカラーピンは、以前BEAMSさんで販売していましたが

 

現在は、お取り扱いがないようです。  

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今までのスタイルにカラーピンを取り入れるだけで、いつもよりワンランク上のVゾーンを演出してくれます。

 

普段使いはもちろん、結婚式やパーティーで周りの人と差をつけてみてはいかがでしょうか。

 

カラーピン気になっていた方や結婚式の服装に迷っていた方の参考になれば幸いです。

 


それではまた。

 

スーツ
スポンサーリンク
momota-italyをフォローする
イタリアオヤジ研究家

コメント

タイトルとURLをコピーしました