イタリアで革製品を買うならここ!おすすめの革屋さん

レザー

こんにちは。

 

このブログをお読みの方は

 

  • イタリアで革製品を買うならどこがいいのだろう
  • イタリアは革屋が多くてどこに行けばいいか分からない
  • イタリアで品質の良い革製品を買うならどこに行けばいいのだろう

 

とお悩みの方だと思います。

 

そんなお悩みを解決するために 

 

クラシコイタリアファッション好きの私が実際に訪れて

 

品質、接客、価格

 

全てにおいて素晴らしいと思ったおすすめの革屋さんをご紹介致します。

 

スポンサーリンク

おすすめのショップのご紹介

 

私が、おすすめするショップはこちらの4店です。

 

  1. フランチェスコリオネッティ
  2. 革手袋ルチアーノ
  3. 手工皮具学校(Scuola del Cuoio)
  4. Giòsa(番外編)

 

それでは、それぞれのお店を詳しくご紹介致します。

 

フランチェスコリオネッティ

 

財布、コインケース、カードケースなど小物はもちろん


トートバッグ、ビジネスバック、リュックなど幅広い革製品を取り揃えているお店です。

 

住所:Via della Spada, 48R, 50123 Firenze FI, イタリア

 

フランチェスコリオネッティのトートバッグがおすすめなワケ
フランチェスコリオネッティで購入した高コスパなおすすめのトートバッグをご紹介致します。 フィレンツェの革屋さんで有名なフランチェスコリオネッティの革製品が気になっている方は、是非ご覧下さい。

 

フランチェスコリオネッティのおすすめポイント

 

  • コストパフォーマンスの高さ
  • 日本人が当店で接客してくれる
  • デザインがシンプル

 

コストパフォーマンスの高さ

 

トートバックを例に出すと

 

トートバック+ナイロンポーチ+革のポーチが付いて約1万9000円くらいで売られています。

 

革の質とイタリアの職人さんが作っていると考えたらくらいしてもおかしくありません。

 

何故、ここまで安く出来るかと言うと

 

実は、この革製品作りは副業感覚でやっているからです。

 

本業は、高級ホテルで用いられる見かける革張りのインテリアや内装を革でデザインしたりしてるらしいです。笑

 

その本業で余った革を用いることで、品質の良い革でイタリアの職人さんが製法しているのにも関わらず、この価格で提供できるとのことです。

 

そもそも、副業感覚なのでそこまで利益を気にしていないとも仰ってました。笑い

 

一応、本業をアピールするために店内の家具や壁は革張りにしているそうです。笑

 

是非、店舗に行ったら壁や家具にも注目してみてください。

日本人が店頭で接客してくれる

 


店頭には、日本人女性の方が立っているため、イタリア語や英語が喋れなくても問題ありません。 

 

海外での買い物は分からないことも多いと思いますが、日本人の方が接客してくれれば、分からないことも聞けますし心強いですよね

 

デザインがシンプル

 

革製品であれば、長く使い込んで経年変化を楽しむのも一つの醍醐味です。

 

長く使うためには、品質も重要ですが、デザインもとても重要です。

 

フランチェスコリオネッティの商品は、どれもシンプルで普遍的なデザインです。

 

どの年代の方が、いつも時代でもかっこよく使える商品ばかりが揃っております。

 

f:id:momota_italy:20191118203242j:image

 

革手袋ルチアーノ

 

f:id:momota_italy:20191118203304j:image


フィレンツェで革手袋を買うならここしかない!!!


というくらい、有名な革手袋専門店です。

 

住所;Via Por Santa Maria, 10, 50122 Firenze FI, イタリア

 

イタリアで革手袋を買うならこのお店!【ルチアーノ】
イタリアに行った際、非常にコスパが高く、即買いした革手袋をご紹介致します。イタリアでも人気でおすすめな、ルチアーノなら裏地がカシミヤで高品質な革手袋が、5千円から購入できます。イタリアで革手袋が欲しいけど、どこで買えばいいか分からない、イタリアでコスパの高い革手袋が欲しいとお悩みの方必見です。

 

ルチアーノのおすすめポイント

 

  • 全商品の裏地がカシミヤ
  • デザイン、カラー、サイズが豊富
  • 価格の安さ

 

全商品の裏地がカシミヤ

 

ルチアーノの手袋は全商品裏地がカシミヤで作られいます。

 

直接肌が当たる部分がカシミヤのため、肌触りがとても気持ちよくで、暖かさも抜群です。

 

使い勝手を左右するところに、きちんと高級素材が用いられているのは、さすが手袋専門店です。

 

f:id:momota_italy:20191118203313j:image

 

デザイン、カラー、サイズが豊富

 

手袋のデザインで数十種類、カラーとサイズを含めると種類はあるかと思われます。

 

男性物はもちろん、女性ものもありますので、カップルやご夫婦で行ってみるのもありかと思います。

 

サイズも豊富で、手の小さい私(約18cm)のサイズもありましたので、日本人の方でもぴったりのサイズがあると思います。

 

革の種類に関しても、牛、羊、山羊など様々なバリエーションを取り揃えています。

 

価格の安さ

 

裏地がカシミヤで職人さんが作っているとなると、価格はいくらだろうと気になりますが

 

なんと、破格の5千円くらいから買えてしまいます。

 

日本で買うと確実に1万円は超えてくるクオリティだと思うので、本当におすすめです。


 

デザインによって価格が異なりますが、高いモデルでも1万円は超えなかったと思います。

 

手袋をお探しの方は、絶対に行ったほうがいいお店です。

 

手工皮具学校(Scuola del Cuoio)

 

学校と書いてありますが、校内に店舗がありますので、ご安心ください。

 

ここは、職業訓練校となっております。

 

サンタクローチェ教会の近くにあり、入り口は教会裏にあるため分かりづらいため注意が必要です。

 

住所:Via S. Giuseppe, 5/R, 50122 Firenze FI, イタリア

 

手工皮具学校(Scuola del Cuoio)のおすすめポイント

 

  • 職人さんが手作りしているところを見れる
  • レザージャケットが豊富

 

職人さんが手作りしているところを見れる

 

ここでは、職人さんが一つ一つ手作業しているところを見ながら購入することが出来ます。

 

実際に作る工程を見て買えるので、非常に安心です。

 

また、職人さんの作業工程を見れる機会も滅多にないと思いますので、貴重な経験にもなると思います。

 

レザージャケットが豊富

 


イタリアオヤジ定番のスエードのドライビングブルゾン

レザーのシングル 、ダブルライダースなど様々な種類のレザージャケットが置いてあります。

 

ベーシックなデザインが多く、革の質も良いので非常におすすめです。

 

それでいて価格は、こちらで有名なイタリアのレザーブランドと比べて40パーセントもくしは半額くらいの値段で買えちゃいます。 

 

質、価格共に非常に素晴らしいのですが、注意点が一つ。

 

それは、サイズです。

 

基本的に日本の46以降の物が多く、42,44サイズはほぼないといっても過言ではありません。笑

 

普段46以降のサイズを着ている方には、非常におすすめです。

 

Giòsa(番外編)

f:id:momota_italy:20191118205552j:image

 

こちらは、フィレンツェではなくミラノになります。

 

住所:Via Ciovasso, 6, 20121 Milano MI, イタリア

 

更に、革は革でもクロコダイル専門店になります。

 

クロコダイルの財布、鞄などはもちろんシューズや洋服なども置いてありました。

 

クロコダイルなので、値段は張りますが天然物なのでどれ一つ同じ物がなく本当に見ていて面白いです!!

 

f:id:momota_italy:20191119141324j:image

 

クロコダイルでmade in italyなんてカッコ悪いはずないですよね。笑

 

小さい財布を探しに行ったのですが、カラーバリエーションが豊富かつ

艶あり、なしあるため選ぶのが大変なくらいでした。笑

 

今回は訳あって購入はしませんでしたが、めっちゃ後悔しています。。

 

天然のクロコダイルは見てるだけでも楽しいので是非行ってみてください。

 

店員の女性もめちゃくちゃ美人でした。笑

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

革は税金も高いので、海外で購入すると非常にお得が高いのでおすすめです!

 

因みに、路面店は絶対におすすめしません。

 

安いかもしれませんが、直射日光や雨が当たりますし、そもそもそんなところに品質が良い物があるとは思えませんからね。

 

イタリア旅行の参考になれば幸いです。

 

それではまた。

 

レザー
スポンサーリンク
momota-italyをフォローする
イタリアオヤジ研究家

コメント

タイトルとURLをコピーしました