Gabo(ガボ)とは?スーツ/ジャケットの評判やセール並みに安く買う方法などを徹底解説

スーツ

 

このブログをお読みの方は

 

お悩み
  • Gaboとはどんなブランドか知りたい
  • Gaboの評価や評判ってどうなの
  • Gaboをセール並みに安く買う方法が知りたい

 

など、Gaboについて詳しく知りたい方かと思います。

 

そんな方々のために

 

Gaboの

 

  • 成り立ち
  • スーツ/ジャケットの特徴
  • 人気の理由や評判/評価
  • セール並みに安く買う方法など

 

について、詳しくご説明致します。

 

Gaboは、ハンド(手縫い)率が高いスーツやジャケットを手ごろな価格で購入できるブランドです。

 

ここまでハンド率が高いのに、マシンメイド同様の価格で購入できるブランドはそうそうありません。

 

『THE ナポリ仕立て』のスーツやジャケットをお探しの方におすすめのブランドとなっております。

 

これからより人気が出てくるだろうGaboについて、是非ご覧ください。

 

スポンサーリンク

Gabo(ガボ)とは?

 

出典: https://filorosso.jp/gabo/

 

Gabo(ガボ)とは、2013年にいとこ同士であるジャンフランコ・アルトベッリ氏とジュゼッペ・ニコーテラ氏がカサルヌォーボの町に工房を構えるファクトリーブランド。

 

伝統的なサルトリア仕立てを継承するブランドで、小規模ながら祖父の代から半世紀以上も続いている歴史のある工房です。

 

有名ブランドの下請けを任されるほど、実力が評価されています。

 

優雅に広がるワイドラペルや深くイセこまれたマニカカミーチャなど、ナポリのサルトリアらしいディテールや仕立てが魅力。

 

また、裁断に袖付けや襟付け、ボタンホールなど多くの箇所が手縫いにも拘わらず、価格が10万円代と

 

本格的なナポリスーツ/ジャケットが、非常に手に取りやすい価格で購入できるブランドです。

 

今、じわじわと人気が高まっている注目のブランドの一つです。

 

Gabo(ガボ)のスーツ/ジャケットの特徴や評価

 

Gaboの特徴は

 

Gaboの特徴
  • 価格に対してのハンド(手縫い)率の高さ
  • ナポリのサルトリアらしい仕立てとディテール

 

価格に対してのハンド(手縫い)率の高さ

 

 

多くのブランドは、着心地に直結する袖付けや襟付けの部分は手縫いで、他はマシンメイドというブランドが多いです。

 

ですが、Gaboに関しては、袖付けや襟付けはもちろん

 

裁断やボタンホールなど10箇所を手縫いで仕立てております。

 

 

ボタンホールまで手縫いで仕立てるブランドは、KitonやCesare Attoliniといった最高級ブランドでしか見たことがありません。

 

そんな驚異的なハンド率にも拘わらず

 

価格が10万円代から購入出来てしまうから驚きです。

 

手縫いだからいいという訳ではありませんが

 

手縫いでしか味わえない、「味」「雰囲気」を10万円代で楽しむことができるのは、本当に素晴らしいです。

 

ナポリのサルトリアらしい仕立てとディテール

 

 

広くカッティングされたワイドラペルにダブルステッチ

 

深くいせ込まれたマニカカミーチャに伴って、丸く仕立てられた肩など

 

 

これぞ「ナポリのジャケット」といったディテールや仕立てが盛りだくさんです。

 

ナポリ仕立てのスーツやジャケットが欲しいけど、本格的なサルトリアだと高いなと悩んでいる方など

 

ナポリブランドの入り口として、非常におすすめなブランドです。

 

Gabo(ガボ)のスーツ/ジャケットのモデル

 

Gaboのモデルは以下の4つです。

 

Gaboのモデル
  • PANAREA
  • NEW NAPOLI
  • CHIAIA
  • TOTO

 

PANAREA

 

出典: https://ring-store.jp/fs/ringstore/gabo/37001003115

 

PANAREAは、やや細身のダブルブレストジャケット。
ラペルの主張が程よく万人ウケするスタンダードなモデルです。

 

NEW NAPOLI

 

出典: https://ring-store.jp/fs/ringstore/37091004115

 

NEW NAPOLIは、やや細身のシングルジャケット。
万人 ウケするスタンダードなモデルです。

CHIAIA

 

 

CHIAIAは、襟や肩の収まりが良く、大げさすぎない肩口のマニカカミーチャで
幅が広めのラペルにVゾーンを深くしたモデル。
適度にスリムなスリーブ幅でシャープなフロントカットが絶妙なジャケットです。

TOTO

 

出典: https://www.bronline.jp/feature/?entry=24193

TOTOは、 肩をコンパクトにし、肩背幅やウエストにゆとりを持たせたモデル(右)。
肩から首にかけて、のぼりがきれいに見えるのが特徴です。

 

Gaboのスーツ/ジャケットの価格

 

スーツ 約15万円~

 

ジャケット 約10万円~

 

マシンメイドのブランドと比較しても、大差ない価格帯です。

 

手縫いが10箇所でこの価格は、本当にコストパフォーマンスの高さに驚きます。

 

しっかりとした手縫いのスーツやジャケットがこの価格で手に入ることは、まずないでしょう。

 

手縫いの入門ブランドとしても、非常に手が出しやすいんじゃないかと思います。

 

Gabo(ガボ)のスーツ/ジャケットをセール並みに安く買う方法

 

そんなGaboをお得に購入する方法がございます。

 

こちらでご紹介した「KOMEHYO」さんなら

楽天Yahoo!ショッピングでオンラインストアを展開しております。

 

3万円代~購入することができます。

 

 

 

ナポリのスーツやジャケットをよりお得に購入したいと考えている方には、非常におすすめです。

 

セレクトショップのセールでは、さすがにここまでの値引きは無いと思うので、気になった方は是非チャックしてみて下さい。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回は、Stile Latinoについてご説明致しました。

 

Gaboは、本当にコストパフォーマンスが高いブランドです。

 

裁断に袖付けや襟付け、ボタンホールまで手縫いにもかかわらず、10万円代でスーツやジャケットを購入できるブランドは、他に無いと言っても過言ではありません。

 

手ごろな価格でナポリ仕立てのスーツやジャケットが欲しいと考えている方に、おすすめです。

 

是非、参考にしてみて下さい。

 

 

日々のコーディネートも載せているので、インスタのフォローもよろしくお願い致します。

 

 

それではまた。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました